その他の病気

頭頸部の病気

かぜ

ごくありふれた病気でありながらも、よく「万病の元」と言われるように、かぜを発端にいろいろな病気に進展しかねません。中耳・鼻・のどの病気は、そもそもはかぜから始まる感染性の病気が多いものです。
たかがかぜと侮らず、症状が気になりましたら、早めに受診なさることをお勧めします。

症状 のどの痛み、咳、鼻みず、発熱、くしゃみ、頭痛など
検査 問診や診察を行って、他の悪い病気ではなさそうだと判断出来れば、かぜと診断します。しかし、かぜであれば通常は数日で治るので、治らない場合はこじらせてしまっていたり、別の病気だったりする可能性があります。
治療 アレルギー性鼻炎の症状を軽くするには、とにかくダニの糞や死骸、家の埃、ペットのフケ、カビなどアレルギーの元にさらされる状態を出来るだけ避けることです。こうした策を講じた上で、抗アレルギー薬の飲み薬や鼻スプレーで症状を抑えていきます。

インフルエンザ

「インフルエンザ」は、インフルエンザウイルスへの感染によって起こり、普通のかぜよりも急激に発症し、症状が重いのが特徴です。通常は、症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。しかし気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全に至るケースもあり、油断出来ません。

症状 高熱、悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、咳、痰、呼吸困難、腹痛、下痢などの胃腸症状などがみられます。
検査 インフルエンザ検査キットを用いて判断します。15~20分で結果が出ます。鼻鏡を使い、局所麻酔をして検体を採取して調べることもあります。
治療 主にインフルエンザウイルスに対する内服薬による治療を行います。

各種予防接種について

当院の予防接種は、予約制にて随時受け付けております。
ご希望の方はお電話にてお気軽にご予約ください。
接種可能日は全診察日です。
予約は、金曜日の午前中までにご連絡いただければ、翌週月曜日から接種可能です。
また、予防接種をご希望の方は、午前は11時半、午後は18時までにご来院をお願いします。

予防接種の種類
定期予防接種
  • ヒブ
  • BCG
  • 三種混合(DPT)
  • 麻疹風疹混合(MR)
  • 日本脳炎
  • 麻疹
  • 小児用肺炎球菌
  • 四種混合(DPT-IPV)
  • 不活化ポリオ
  • 水痘(みずぼうそう)
  • 二種混合(DT)
  • 風疹 等
任意予防接種
  • おたふくかぜ
  • ロタウイルス(1価、5価)
  • インフルエンザ 等
  • B型肝炎
  • 高齢者肺炎球菌

時期により接種できないワクチンもございます。
栃木市の予防接種の助成につきましては、栃木市のホームページもご参考ください。

禁煙外来

タバコは、ニコチンの作用による脳や体への快感(身体的依存)だけでなく、ほっとする、すっきりするといった気持ちの上での依存(心理的依存)が重なっているため、意思の力だけでは、なかなかやめることが出来ません。
そこで当院では、ニコチンが脳神経に作用するのを止めて中毒症状を緩和する薬や、生活指導を駆使した禁煙のお手伝いをしております。どうぞお気軽にご相談ください。

健康保険等で受けられる禁煙治療

禁煙治療は、2006年から健康保険等が適用され、患者様の負担も軽くなりました。禁煙治療を健康保険等で受けるためには一定の要件*があり、1回目の診察で医師が確認することになっています。
なお、要件を満たさない場合でも、自由診療で禁煙治療を受けることが出来ますので、まずは受診の前にご自身でチェックしてみることをお勧めいたします。

健康保険等で禁煙治療を受けるための要件
  1. ニコチン依存性を診断するテスト(TDS)で5点以上
  2. 1日の喫煙本数×喫煙年数が200以上

    例えば、25歳から1日15本喫煙している45歳の人なら、15(本)×20(年)=300であり、対象となります。

  3. すぐに禁煙をしたいと考えていること
  4. 医師から受けた禁煙治療の説明に同意、説明内容に納得されたときは、文書で同意します(サイン等)。
ニコチン依存性を診断するテスト(TDS)

はい:1点 ※5点以上は「ニコチン依存症」です。   いいえ:0点

  1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
  2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、出来なかったことがありましたか。
  3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコが欲しくてたまらなくなることがありましたか。
  4. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか。
    (イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、憂うつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手の震え、食欲または体重増加)
  5. 「4」でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
  6. 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
  7. タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
  8. タバコのために自分に精神的問題(注)が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
  9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
  10. タバコが吸えないような仕事やつき合いを避けることが何度かありましたか。
    禁煙や本数を減らしたときに出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現したりしている状態。
健康保険等で受けられる禁煙治療

標準的な禁煙治療のスケジュールは、12週間にわたり合計5回の診察が行われます。
診察時には、息に含まれる一酸化炭素の濃度を測定します。一酸化炭素は、タバコの煙に含まれる代表的な有害物質であり、禁煙を始めることにより、この値が低下します。数値で改善されていくことが励みとなる患者様も多いようです。
また、禁煙を継続するためのアドバイスや禁煙補助薬の処方を受けることが出来るため、禁煙は成功しやすくなります。

ピアス穴あけ(ピアッシング)について

ピアス穴あけは医療行為となります。人体に傷(穴)をつけると、化膿やトラブルの要因となり、傷が残ったり、ピアスが合わず痛みを伴うこともあります。
ご自身にてピアッサーで穴を開けるのではなく、医師による安全性の高い穴あけをおすすめいたします。

ピアス穴あけによくある質問
Q.親の同意は必要ですか?
A.未成年の方は、保護者の方の同意書が必ず必要になります。
Q.ピアス穴あけは、痛いですか?
A.ピアスガンとよばれる特殊な装置を使用しますので、穴あけは一瞬でおわります。出血も痛みもありません。
Q.すぐに好きなピアスをつけることができますか?
A.1ヵ月は、ピアス孔完成まで医療用ピアスをつける必要があります。
※種類は多くございませんが最近は、おしゃれな医療用ピアスも多くございます。